ぱにろぐ

北海道に移住して3年目、元京急鉄の備忘録

桜の咲く頃、京急2000形が引退。

3月28日、京急2000形で最後まで運行されていた、リバイバル塗装の2011-編成が運転終了しました。

私が札幌に帰る前日でしたので、最後に2000形の姿を眺めに行きました。

最終日は沿線で桜が満開、華やかな1日でした🌸

f:id:kq826f:20180331204641j:plain

戸部駅北側にて、ランドマークタワーを映すとYOKOHAMAっぽいですね。

 

f:id:kq826f:20180331204623j:plain

大岡川(黄金町~南太田)にて、顔が映っていないなあ…

 

f:id:kq826f:20180331204634j:plain

1605Cを金沢文庫~八景にて。新大津は沢山の同業者が居たようですね。

 

2000形は800形よりも新しい形式で、当初は2扉の快特用列車でした。

800形から太帯塗装を譲り受けるも、のちに800形と同じく細帯塗装になりました。

貫通扉がなく地下鉄に直通できない*1ため、Dエアポート急行に多く入っていました。

2000形は中間のドアをあとから開けたこと、4連と8連だったこともあり、800形よりも早く引退してしまいましたね。

次は800形(6連)の番。僕が大学を出るときにはもう引退しているので、悔いのないように東京に通いたいですね。。。

*1:泉岳寺に入線できないとは言ってない。本来は入らないんですけど…