読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱにろぐ

800形鉄じゃない部分を。旅行記とか思ったこととか。

茨城交通305貸切に参加したお話

北海道への海の玄関口、大洗。

今回、板橋さんの誘いで弘前さんと、大洗でのバス貸切に参加しました。

普段はバスを撮らない自分ですが、今日は気づけば1000枚以上連写していました。

 

大洗駅から新鉾田を経由して、セイコーマートへ。

f:id:kq826f:20170306001617j:plain

なんだこの絵面は。ここは北海道なのか?茨城は北海道だった…??

f:id:kq826f:20170306000900j:plain

 

続いて、大洗市街地へ戻ります。

f:id:kq826f:20170306000335j:plain

大洗磯前神社の鳥居をくぐります。斜め後ろには、劇場版GuPにて茨交バスや戦車が登った坂があります。

 

f:id:kq826f:20170306003234j:plain

大洗はガルパンのパネルが点在してて楽しいです。

 

f:id:kq826f:20170306002738j:plain

肴屋本店の前を行きます。戦車が突っ込んで店主が喜んでいた所ですね。

 

f:id:kq826f:20170306004633j:plain

太陽の光を浴びながら、幕回し。ひきがえる*1の皆さんも後ろで撮影していました。

 

そして那珂湊営業所へ到着しました。

f:id:kq826f:20170306004751j:plain

営業所内にて様々なバスを入換しながら撮影し、大変楽しく過ごしました。

 

そして、ガルパン放送も収録することが出来ました!

soundcloud.com

圧倒的感謝…!

京都市バスっぽい合成音声になる以前の放送も聞くことが出来ました。

 

まだまだ写真はありますが、今日はこの辺で。

前日はシーサイドホテル、その前はさんふらわあ宿泊でしたが、気が向いたらそのお話も書きます。

 

最後に、運転手はじめ茨城交通の皆さん、主催さんチーム、参加者の皆さん、今日はありがとうございました!

そしておやすみなさい…💤

*1:引いて望遠で撮影する人たちの通称。広角撮影者がひきがえるの邪魔になっていたため、「引きが居る!」→「ひきがえる」となった。

地方都市の現状は「滝川」から教わった

こんばんは。🍞で練成した諭吉を溶かして、昨日から北海道フリーパス旅行が始まりました。

 

昨日は、山線経由の臨時特急に乗車。特急で小樽に行けて楽しかったです。

f:id:kq826f:20170225225152j:plain

 

そして今日。旅程がしっかり組めていなかったのですが、「豚丼食って富良野線乗りたいな」と思い立つ。まずはスーパーとかちで帯広へ。

f:id:kq826f:20170225225314j:plain

豚丼おいしい。

 

さあ、富良野へ抜けたい。富良野線が、JR北海道の唯一の未乗区間

しかし、今や東鹿越~新得代行バスでもつながっていません。占冠村営バスも、接続が酷い。

 

でもここは、フリーパス旅。資金力です。特急で行けばいいのです。

というわけで、帯広→池田→札幌→旭川→富良野→東鹿越と、特急で放浪しました。

 

そして、トマムからすぐ近くの終着駅、東鹿越に到着。

新得方面への線路は積雪で見えなくなり、鉄路の途切れた感が漂います。

f:id:kq826f:20170225225754j:plain

 

ここから折り返して、滝川へ。

しかし今日ですね、雪が酷いらしく、乗ってる電車の大半が7分ぐらい遅れたんですよ

 

滝川で最終オホーツクに間に合わず、時間が空いてしまいました。

 

さて、滝川という駅は、新十津川から程近く、根室本線富良野方面への分岐駅でもあるため、私は中学生の時からよく下車した駅です。一日散歩きっぷの北限ですからね。

 

 普通列車旅時代、滝川の街を見て、「北海道の地方都市って、特急止まっても寂れたんだなあ」と思っていたものでした。

しかし、弊学鉄研の仁宇布ドライブの帰りに目が覚めたら大都会で、聞けば滝川のバイパス街だそうでとても驚きました。

北海道で一番馴染みのある(?)地方都市も、バイパスに商業施設を奪われていたのです。

 

今回は特急旅だから、まさかまた滝川で暇ができるとは思いませんでしたが、コンビニを求めて再び駅前を歩きました。

 

f:id:kq826f:20170225230336j:plain

 SEIYU連絡口と書かれた、誰も居ない不気味な地下道。駅前のビルに繋がっていたようですが、地下連絡口が閉鎖されていて、空しくなります。

 

f:id:kq826f:20170225230440j:plain

 駅前のビル。このビルがあるだけ、地方都市の中ではまだ都会だということは、中学生時代の僕は思ってもいませんでした。

ちなみに、ダイソーが入っているので昼間に来れば便利です。そもそも自分が滝川に来る時が、いっつも朝か深夜なんですよね…

 

そしてですね、今回の一番印象的なのが、これ。

f:id:kq826f:20170225230445j:plain

 商店街にあったミスドが潰れてしまいました。

イオンに移転するというのが、なんとも言えません。

ポスターの最初と最後に「合掌」と書かれていました。思わず手を合わせてしまいました。合掌。

無くなっていくものに対して手を合わせる気持ちが、葬式鉄の心の根幹なのかも知れません。

 

追記)

滝川の地形図、以前の北大地理にて出題されていました。そう、今日は前期試験当日でした。前期受験生、いかがでしたか?弊学鉄研では新規会員をお待ちしております。

というかあれから1年経ったんですねぇ…… 

京都一晩“ゆゆ式”合作

www.nicovideo.jp

一晩京都合作、投稿されました。

参加者の皆さん、主催の元町みらいさん、制作お疲れさまでした。

 

続きを読む

🍞🍞🍞🍞

デレステ始めました。


f:id:kq826f:20170221063431j:image

オタクはちょろい(耐えた
よりたよしのさん出てー(たかだしゃん
でしてでしてー
しゅがはは草
砂糖
砂糖沢山ある
生地なう
とてもきつい、今日で終わりたい
終わればフリパ
電池がない*1
ぽやしみ~~

*1:諸般の事情により、メモ書きをそのまま投稿しています。

🍞🍞🍞

ピンポン鳴らして ピンポン体験しよっ
初めては何回でもいいね~~

小橋若葉ちゃん、可愛いですよね。ほんとすき。
わかば*ガール」とは、紫髪ロングお嬢さんの小橋若葉ちゃんが、様々な“初めて”を体験して女子高生を楽しむアニメであーるー!

いや何が言いたいかと言うとね、今回は初めての部署に行ったんですよ。
🍞🍞にて、慣れたトコ行きたいとか言ってましたけど、埋まってたんですよね…
ということで数回目の🍞ですが経験値0から再スタートです。


2回目だと言う乗●率に同行するも、彼は突っ立つだけ…

一度行っただけだとまだ分からない事が多いんですよね。知らないことだらけなので聞くしかない。
ということで…
「すみません、ここ始めてなんですけど、どうしたら良いか教えてもらえますか?」
この言葉を自分から発するしかないのです!何も知らないのだから躊躇しても仕方ない、新たなお仕事を吸収するのだー!

しかし、「♪初めては何回でもいいね」という心意気、中々難しいものがあります。
いつもと同じ所の方が仕事は覚えてきていますから、私も楽です。職場の皆さんも、新入りに仕事を教える手間が省けます。


でも、初めてを面倒だと思ったとき、心が老害になります。だから、小橋若葉ちゃんを見習って、初めてを何回でも体験したいですね。

 

ちなみに、人が沢山居るところだったので、一人で考え事ってのにはあまり向きませんが、おb…お姉さん方と楽しくやるのも新鮮でした。そうそう、涼しい部屋だったのでカラオケではめちゃ高音がキレイに出ましたよ。

 

あと、チョコパンが食えたりちょい早く終わったり、良い変化もありました。また2日後には🍞ですが、それが終わればいよいよ道内旅行です。

🍞🍞

※🍞で思ったことを、時系列にお送りします。

 

【2/16(木) PM9:00】*1
🍞🍞です。今日は二人*2で行きました。🍞は人数を示しています(?
普段は往復とも音楽聞きっぱで寝てたのです。とはいえ同行してても音楽聞いてましたけど…
さすが工場だけあって、色々な部門がありますが、今回は僕の慣れてる方に。自分は作業も覚えてきました。
でも、🍞は社会勉強。お金も貰えて様々な発見も出来る場所。次回は新しい部署に行った方が良いかもしれません。

 

ところで、皆さんは🍞が食パンの形に見えますか?携帯とかPCで表示がわりと違うんですよね。今回は、手頃な🍞の六枚切りもしましたよ~~(?)

🍞の捉え方は、人それぞれです。
はあちゅう on Twitter: "昔、パン工場の見学に行った時、案内してくれるおじちゃんが「暗いとこで一日中作業してるんです...」って悲しそうな顔してたんだけど、その後案内してくれたおばちゃんは「一日中、美味しいパンの香りの中で作業してるの!」って笑ってて、同じ状況でも悲しい人と楽しい人がいるのを学んだ。"
僕は別に、労働が好きではありません。誰だってそうですね?でも確かに、食べ物に囲まれて仕事ができるのは良いことだと思います。一生分のパンが見れます。㌍が無限に流れて来ます。
そして🍞食べ放題!デブにやさしい!
まぁ、🍞を無限に見た後に夜食と言われて、🍞だけ出されたら泣きます。なのでご飯か麺類が出るのですが…
今日はご飯じゃありませんでした。というか偶数日が麺類とは……
また、サンドが品切れで、蒸しパンばっかりだったので、🍞は7個しか食べませんでした。たった7個……二桁行かなかった……(?)*3

あ、それと、名札があるから楽ですよね。大学にも名札が有れば、コミュニケーションが楽になるかもしれません、味気ないですけどね📛

 

 

【2/17(金) AM1:30】*4
同じ職場のが楽じゃないですか?慣れてきましたよ?
さっき「他の場所部署行きたい」とか言ってた気がしますが、それいる?
ただし、慣れてくると言う事はそれだけ生産量も上がるし、逆に言えば搾取される感もあります。同じ給料で新しい仕事を教えてもらえるなら、他の部署も行くべきなのか?

そう、労働者は生産性にかかわらず賃金を受けとるのです。
もし生産量と相関があれば、どうなるか。一個でも多く出荷した方が儲かりますよね。だから、欠陥品も出荷してしまいかねません。

でも、いくら働いても賃金が変わらないのなら、労働者がサボるかもしれないですかね?いや、そこでライン作業ですよ。
機械が止まろうと🍞は無限に流れて来ます。我々は、🍞を捌ききらねばならぬのです。

 

まるっきり話を変えましょう。ところで3人組っていいよね?
4人組だと、特に仲良い人の2組になるんですよね。グループの中で温度差が出ちゃいます。
一方の3人組なら、みんな仲よしです。均衡が取れます。素晴らしい。そして3人組ならば、二人が話している所に入りやすいのです。これはすごい。どっちか一人に話したいことも、もう一人が入って皆で共有できる素晴らしいことじゃないですか?

まぁ、ゆゆ式の話なんですけどね。
もうすぐOVA発売やぞ!いよいよやぞ!!

 

 

【2/17(金) AM6:00】
おいパイ作らねぇか
パイ食わねぇかじゃないんだよ、作れよ(?
僕は🍞の終盤、残り時間を諭吉で割ることにしています。4時ならば時給5000円、5時ならば時給10000円です(!)
ね、やる気出るでしょ?一時間働けば諭吉…!その場で諭吉を貰って帰れることが励みになります。
という一方で、終盤にはラスボスが待っていることもあります。今回は三角のパイでした。持ち上げる度に表面のパリパリ取れる罪悪感と、三角だから沢山送ると変に🍞同士がくっついちゃう大変さ…

 

おっぱいっていいよね。これ前回も言った気がします。疲れたときは、Sっ気おっぱいに包まれたくなります。

ということで、オタクは疲れたらすのはら荘2巻特装版を聞け。最高やぞ。
僕はドMではないので、高圧的なドS(笑)は好きじゃないのです。ツンデレとかもツンがいやっす。ただ弄ばれたいだけです。だから、何か指図された後の笑いがすきなんですよ。小悪魔的な「ふふっ」も好きだけど、「あはは」でも許せます。ただ命令されるだけなのは嫌いです、癒しがないので。向こうは何かを指図される、僕は癒されるというWin-Winをですね?ということでSっ気のあるおっぱいに包まれたいっす。

 

ちなみに明後日は🍞🍞🍞になります。

ではではぽやしみ~~

 

追記)今回の脳内作業用BGM

*1:休憩時に残した箇条書きメモを、退勤後に加筆修正しています。

*2:乗車率と同行。@Riderate_Prober

*3:※周囲の人は🍞を2個ほどしか食いません

*4:同様に、箇条書きを加筆修正しています。

【ぱに旅館】のご案内

ぱにろくは現在、札幌で一人暮らしをしています。そして時たま、オタクを泊めることから、我が下宿は「ぱに旅館」と呼ばれています。「ろく」と「旅館」が似ている(?)ことからこの名前を使用しています。ただし、実際には旅館ではありません。

 

1月から雪まつり期間にかけて、様々なオタクが宿泊していきました。皆様が札幌に遊びに来られるお陰でこちらも楽しいです。

 

39ml.hatenablog.jp

そしてこの度、常連の弘前さん*1が、ぱに旅館を寝床ランキング2位と認定して下さいました。ありがとうございます。

 

寝床のスペックを引用してみます。

程よい重さのおふとん、程よい硬さの枕、程よい広さのベッドと床の隙間。床に寝る場合、ベッドと床の間に足を突っ込むことが多い私にとって最後の項目は特に重要なポイントです。

━「キュウリの血と肉」より

 ……えぇまぁ、北海道が誇るニトリのお布団セットなんですけどね。馬込*2よりも布団が固い……。

とはいえ、ぱに旅館には家主*3含め3人分の布団が完備されております。2人泊めたところで問題になりません。広めの部屋なので3人以上泊まってもスペースには余裕が有ります。

 

また、ぱに旅館の立地もなかなか良いですよ。JR札幌駅や北海道大学の程近くです。道内各地への鉄道旅にも、札幌観光にも使えます。

 

欠点と言えば、建物が古いので風呂トイレが一緒な事でしょうか……

 

札幌では元々、国籍不明の北大生オタクが「銀●飯店」と称してオタクを泊めていました。

私が札幌に住んだのはほぼ入れ替わりでしたから、その跡を継いだような形になります。

 

しかし、改めて言うとぱに旅館は旅館ではありません。旅館(民泊)では無い理由が、3点あります。

  1. 旅館業法に基づく許可を受けていない
  2. マンションの規約が民泊禁止である
  3. ぱにろくが宿主として拘束されていない

 

ではまず、1.と2.について。

旅館業法では、民泊はどのように規定されて居るのでしょうか。ここで参考となるサイトがあります。

minpaku.yokozeki.net

上記のサイトを基に、旅館業登録が必要になる条件をまとめます。

  • 宿泊料(などの料金)を徴収する。=有償
  • (寝具を利用し)人を宿泊させる。
  • 不特定多数を継続して集客する。=営業
━「民泊の教科書」を参考に著者作成。

 上記の三用件を満たした場合は旅館と見なされ、登録しない場合は違法になります。

しかし、ぱに旅館で満たしている条件は「人を宿泊させる」だけです。残りの2つには該当しません。宿泊料の徴収はありませんし、泊める方には一定の条件があります。

 

ここで、3.の「家主として拘束されない」という点が出てきます。

民泊としてお金を取る場合には、営業者は部屋を管理する責任が生じますし、宿泊料の対価として常時旅館に居るべきでしょう。

しかし、こちらはお金を取らないため、大学の講義やサークル、バイトが入った際にはそちらを優先する事があるのです。

また、本来繁忙期であるはずの夏休みなどは、私が帰省や旅行で道内に居ない事が多いです。そのため、泊まりたい時に泊まれるとは限りません。

 

そして、宿泊者の条件として、「半日過ごしても話す内容に詰まない程度の仲良い人」と言うのがあります。TwitterでFF*4だからと言って、泊めれるとは限りません。善意と信頼で成り立つ宿泊ですので、もし断られてもお許しください。お金を頂かない分、友人を泊めて遊べるという、見えない楽しみを頂きたいと思っております。

 

もちろん、宿泊者は安くない飛行機代を払って北海道にやってきます。ですから、旅先に相応しい対応をなるべくしたいと考えています。また、昼間も宿泊者と同行する事が多いです。大通駅35番出口*5やすすきの、札幌二郎など、札幌市街地は毎回案内しています。また、定山渓などへ遠出することもあります。むしろ同行を楽しみにしている側面があります。

 

ただし、同行時には結構なお金を溶かします。お高めなご飯も食べますし、毎回KRコミックス*6を買い漁ってる気がします。旅先は普段の生活に比べてお財布の紐が緩みますから、私がそれに合わせていると月末に詰みます。

ですので、食料やKRコミックスを奉納して頂けると個人的に喜びます。あくまでも任意です。

 

なお、ぱに旅館には結構な数のKRコミックスがあり、ぱに文庫と呼んでいます。

紹介したい蔵書がいくつかありますが、それは今後の記事にてご紹介します。最後に、現時点のコミックスの蔵書一覧を書き記します。ちなみに、ぱに文庫にはアンソロジーはありません….。

2巻以降がぐずぐず揃わないシリーズとかを持ってきて頂けるといいな(?

 

【ぱに文庫蔵書一覧 2017.02.15現在】※最新の蔵書は(@kq826f)にお問い合わせを

《大判コミック》

《小型コミック》

 

追記)

39ml.hatenablog.jp

ぱに旅館宿泊者の声です(?

というか弘前さん起きて…!

*1:みくまり。様々な名義を使い分けており呼び方が一定しないため、著者は「弘前大学さん」の略で弘前さんと呼んでいる。ゆゆ式のアシスタントもヒロサキさんだったりするので、名字として無い訳ではない?

*2:ぱにろくの実家。京急鉄時代は大田区民だった。

*3:ぱにろくのこと。

*4:ここでは相互フォローの意。

*5:通称オタクビル。様々なオタクショップや書店が密集している。

*6:芳文社が出版している、マンガタイムきらら系の単行本。